Home

これは第一原理分子動力学プログラムSTATE Senriに関するWikiページです。

STATEとは

Simulation Tools for Atom TEchnology (STATE)は、密度汎関数理論に基づく第一原理計算分子動力学プログラムです。 千里(Senri)丘陵に位置する大阪大学森川研究室をはじめ、様々な開発者の手により開発が進められています。

STATEでは、平面波基底と擬ポテンシャルを用いることにより、全電子計算と遜色のない精度で効率的な計算が可能です。

STATEを用いると以下のような計算ができます。

  • 電子状態の最適化
    • Davidson法
    • Direct inversion in iterative subspace (DIIS)法
  • 電子状態の解析
    • 波動関数
    • 状態密度 (Density of states, DOS)
    • 原子軌道に射影した局所状態密度 (Atomic-orbital local density of states, AOLDOS)
    • 波数分解した局所状態密度 (k-resolved AOLDOS)
  • 構造最適化
    • Quenched molecular dynamics法
    • Generalized direct inversion in iterative subspace (GDIIS)法
  • 射影した局所状態密度(Projected density of states, PDOS)の解析
  • 基準振動モードの解析
  • STMのシミュレーション
  • 反応経路探索
    • Nudged elastic band (NEB)法
    • Climbing image nudged elastic band (CINEB)法
  • 分子動力学シミュレーション
    • Microcanonical ensemble (全エネルギーが一定)
    • Nose-Hoover法 (canonical ensemble、温度が一定)
    • Blue moon ensemble法
    • Metadynamics法

更新歴

2016.09.09

STATE 5.6.1

  • ウルトラソフト擬ポテンシャルの計算精度を改善しました。

2016.03.23

STATE 5.6.0a

  • vdW-DF法のメモリ効率を改善しました。
    比較的大きな系にもvdW-DF法が適用可能になりました。

2015.10.26

STATE 5.6.0

2015.05.11

STATE 5.5.4

  • 自己無撞着なvdW-DF法が実装されました。
    van der Waals系のSCF計算、構造最適化、分子動力学などが可能になりました。
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-08 (木) 16:13:38 (259d)