STMの計算方法

準備

通常通りSCF計算と構造最適化を行い電荷密度を求める。

入力ファイル

入力ファイルでパラメータを例えば

説明
icond10STM計算の指定
destm0.15sampleとtipの電位差の絶対値が0.15 Vのとき
n_stm3未使用?

のように変更して計算するとnfchgt_r.dataが出力される。

STM計算

STM.fというスクリプトで

変数説明
kxKNLP、出力ファイルから読み取る
kyKNMP、出力ファイルから読み取る
kzKNNP、出力ファイルから読み取る
axx方向の格子ベクトルの長さ、Bohr単位
ayy方向の格子ベクトルの長さ、Bohr単位
azz方向の格子ベクトルの長さ、Bohr単位
zv真空層の中心の高さ、Bohr単位
thresh等電荷面を判定する電荷密度のしきい値、1/Bohr^3単位

を指定してコンパイル。

$ ifort -o STM.fep STM.f

STM.fepというバイナリにnfchgt_r.dataを読みこませると

$ ./STM.fep < nfchgt_r.data

占有状態および非占有状態の等電荷面がそれぞれocc.dataとunoc.dataに出力される。

STM像の描画

例えばgnuplotを使うと

$ gnuplot
gnuplot> set pm3d map
gnuplot> set size ratio -1
gnuplot> splot "occ.data"
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-03-20 (日) 09:27:18 (492d)