計算の準備

プログラムの入手

STATEはまだ一般公開されていません。CMDワークショップに参加あるいは開発者に直接連絡を取って最新版(=>5.6.5)のソースコードと擬ポテンシャルを入手して下さい。

コンパイル

このチュートリアルではソースコード、擬ポテンシャル、データはそれぞれ以下のディレクトリに置くものとします。

  • ${HOME}/STATE/src
  • ${HOME}/STATE/gncpp
  • ${HOME}/STATE/outs

以下では5.6.6 (state-5.6.6.tgz)を使用するものとします。
先ずソースコードをソースディレクトリ (STATE/src)にコピーします。

> cp /source/directory/state-5.6.6.tgz .

ここで">"はコマンドプロンプトを意味します。
次にソースコードをtarコマンドを使って解凍します。

> tar zxf state-5.6.6.tgz

これによりstate-5.6.6/というディレクトリが得られます。
以下を実行しディレクトリを移動

> cd state-5.6.6/src

そしてMakefileの準備を行います。具体的には../arch/ディレクトリにある適当なmake.arch.*ファイルをコピーするかシンボリックリンクを作ります。ここではシンボリックリンクを作ることにします。

> ln -s ../arch/make.arch.intel_smith make.arc

物性研のsekireiであれば

> ln -s ../arch/make.arch.intel_sekirei make.arc

となるでしょう。make.archを必要に応じて編集した後にmakeを実行しコンパイルを実行します。

> make

これによりsrc/ディレクトリにSTATEコマンドが生成されます。
さらにユーティリティコマンドをコンパイルするためにutil/ディレクトリに移動します。

> cd ../util
"make.inc"を環境に応じて編集しmakeを実行します。
> make

コンパイルされたプログラムはutil/binにインストール(シンボリックリンク)されます。

パスの追加

解析の際のコマンド入力を簡単にするためにコマンドサーチパスを追加するのが良いでしょう。ここではホームディレクトリにある.bashrcに以下を追加します。

PATH=${PATH}:${HOME}/STATE/src/state-5.6.6/util/bin

変更を反映させるために以下を実行します。

> source ~/.bashrc

(一度ログアウトし再ログインしても環境変数の変化を反映させることは可能です)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-09-05 (木) 10:21:32 (78d)