データのフォーマット

波動関数(のFourier係数)

  • 変数:zaj.data
    • 型:複素数
    • 次元: zaj.data(1:kng1,keg_start:keg_end,1:knv3_start:knv3_end,1:kimg)
      • kng1(kng):波動関数のための逆格子ベクトル(k+Gベクトルの数)
        (kng1については波動関数のためのGベクトルは少ないため未並列化)
      • keg_start: 各プロセッサー毎の開始バンドインデックス
      • keg_end: 各プロセッサー毎の終了バンドインデックス
      • knv3_start: 各プロセッサー毎の開始k点インデックス
      • knv3_end: 各プロセッサー毎の終了k点インデックス
      • kimg=1: 波動関数の実部、kimg=2:波動関数の虚部

基本格子ベクトル

  • 変数: altv
    • 型:実数
    • 次元: altv(3,3)
      • a1: altv(1:3,1)
      • a2: altv(1:3,2)
      • a3: altv(1:3,3)

逆格子ベクトル(Gベクトル)

  • 変数: ngabc
    • 型: 整数
    • 次元: ngabc(kngp,3)
      • kngp:電荷密度のための逆格子ベクトル
      • ngabcは基本逆格子ベクトルを単位とした逆格子ベクトル、
        即ち、カーテシアン座標でのi番目のGベクトルの1番目の成分は
        G(i,1)=ngabc(i,1)*rltv(1,1) + ngabc(i,2)*rltv(1,2) + ngabc(i,3)*rltv(1,3)
        となる。ここでrltvは基本逆格子ベクトルである。

Charge(G空間・R空間・SOFT/HARD)

  • coming soon?
トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-30 (木) 20:21:17 (15d)