Vibrational analysis

  • 振動解析の前に、先ず十分に構造緩和を行い、緩和した原子位置を用いて新たに入力ファイルを作成する。
  • 入力ファイルでIMDALG=3とする。
  • nfvibrate.dataを以下の形式で作成する。
  • 変位を与える原子数、因子、(番号(プログラムでは未使用))
  • 原子のインデックス、原子変位(dx,dy,dz)
    例1 X方向に軸を持つ2原子分子の場合
        2   0.10d+1   1
            1    0.010000000000     0.000000000000     0.000000000000 
            2    0.000000000000     0.000000000000     0.000000000000 
        2  -0.10d+1   2
            1    0.010000000000     0.000000000000     0.000000000000 
            2    0.000000000000     0.000000000000     0.000000000000 
        2   0.10d+1   3
            1    0.000000000000     0.000000000000     0.000000000000 
            2    0.010000000000     0.000000000000     0.000000000000 
        2  -0.10d+1   4
            1    0.000000000000     0.000000000000     0.000000000000 
            2    0.010000000000     0.000000000000     0.000000000000 
  • 出力ファイルから原子位置と原子にかかる力のデータを取り出す。次のようなファイルを作成する(MD_1等と名付け)
2  2
12 16
  2
    1     0.010000    0.000000    0.000000  -0.01444  0.00000  0.00000
    2     2.200000    0.000000    0.000000   0.01444  0.00000  0.00000
  3   
    1    -0.010000    0.000000    0.000000   0.00333  0.00000  0.00000
    2     2.200000    0.000000    0.000000  -0.00330  0.00000  0.00000
  4   
    1     0.000000    0.000000    0.000000   0.00331  0.00000  0.00000
    2     2.210000    0.000000    0.000000  -0.00332  0.00000  0.00000
  5   
    1     0.000000    0.000000    0.000000  -0.01443  0.00000  0.00000
    2     2.190000    0.000000    0.000000   0.01444  0.00000  0.00000
  • 各数値の意味
    原子数 振動モード数(与えた変位ベクトルの数の半分であることに注意)
    各原子の質量
     計算した構造の番号(実は任意)
     変位(変位させた原子の数だけの行)
      上記2つを、計算するモードの数の2倍だけ与える
  • GiF.fを使用して振動数の計算を行う。
      gfortran GiF.f -o GiF.out -llapack -lblas
      ./GiF.out < MD_1 > GiF_1
  • 各振動モードの周波数と振幅ベクトルの出力をもとにして、新たにこの振幅ベクトルを変位として再度振動モード解析を行うとより正確な値が出力される。この再計算を行うことが推奨される。
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-30 (木) 20:21:17 (15d)